FRPセッション
(Ver.3.0)

自由意志の法則を破らずに超える革新的手法

 
【どんなセッション?】
宇宙には人間の自由意志を尊重して忠実に現実化するという原則があります。
 
ですが、自由意志といっても大きく2種類あって、自覚を持っているとき(顕在意識)の自由意志と、自覚がなく勝手に持ってしまう(潜在意識・集合無意識)自由意志があり、この「勝手な自由意志」がどんどん現実化していくことが、うまくいかないと感じる原因となるわけです。
 
新しい発想を使って自由意志の法則を破らずに自由意志を超え、そのズレを解消させるのがFRPセッションです。
 
【お勧めポイント】
気力・体力・やる気の回復と増大。
集中力の大幅な回復。
身体的・精神的なストレスや疲労感の消失。
ネガティブな意識からポジティブな意識へ無理のない自然な転換。
 
【更新内容】
Ver.3.0
 無意識に、一度に多くの並行宇宙を行き来して生きている人にも効果が出せるように改良しました。
 
Ver.2.0
人並みはずれて望まない状態へ戻ろうとしてしまう意識が強い方に、現在の状態から本来あるべき状態に初期化(遡る)という方法ではなく、現在の状態と接点を持っていない(=遡りようがない)並行宇宙のあなたの状態に移行し、潜在意識が望まない状態にたどることができないようにする。

初期化(イニシャライゼーション)や統合(ユニフィケーション)でクリアになったあとの、さらなる革新とジャンプアップを目指す起爆剤として機能させる。
 
Ver.1.0
家庭環境・社会環境・生活環境などの影響や身体的・精神的ショックなどで、自信を失ったり、本来の自分の力が発揮できないと実感されている方。気力・体力の回復。
 
【条件について】
特にありません。
 
※身内の方や友人知人の方が代理でお申し込みしてもかまいません。
理論的に本人の許可はいりませんので、抵抗の強い方もセッションを受けやすくなっています。
 
【セッションの受け方】
遠隔(日時おまかせ)・遠隔(日時指定)・対面
 
【オプションについて】
3日間連続特別セッションでは、ただ3倍ではなく8倍(2の3乗倍)に、8日間連続特別セッションでは、ただ8倍ではなく256倍(2の8乗倍)と、指数関数的な相乗効果が得られるように設定していますので、よりはっきりと効果を受け取りたい方は検討してみてください。
 
【セッション代金と所要時間】
FRPセッションは、1セッション30分間で32,000円(税込)です。
 
お申し込み・お問い合わせ・お支払のご相談はこちらまで。
申し込みフォームが開かない時はこちらから

 
※3日間連続特別セッションは、4月30日まで44,800円(税込)・5月1日より80,000円(税込)、8日間連続特別セッションは、4月30日まで88,000円(税込)・5月1日より160,000円(税込) 
 

セッションお申し込み手順

 
FRPセッションのセッションの日程は、日時全ておまかせ(確定後もお知らせなし)、日程だけご希望で実施時間おまかせ(確定後もお知らせなし)、日時の決定はおまかせで決定次第お知らせ、お互いに日時調整して決定のいずれか選んでいただけます。
 
(日程や時間の指定が必要な場合は、その候補を3つ以上お知らせいただき、それに基づいてスケジュールを決めていきます。スケジュール調整が必要な場合は、日時を打診いたしますので、その日時でよろしければ、仮予約となります。)
 
その後、セッション代金ご入金をもちまして、予約完了となります。
 
◎FRPセッションに関してのみ、自由意志を越えられることにより、クライアントさんがどんな状況で受けられても、効果が大きく発揮される傾向がありますが、それでも尚、統計的に最も効果的な受け方は、「確定後もお知らせなし」です。
 
セッションを申し込んでおられるのに、矛盾するように感じるかもしれませんが、セッションを申し込んだことを忘れてしまうくらいのほうが、効果がより大きく発揮されるのです。

怪我の功名?(笑)

実は新セッション誕生は、私自身の生まれて初めて経験したレベルのひどい体調不良がきっかけでした。
 
2013年の7月下旬に、ひどく体調を崩しました。
 
まあ、分かりやすいきっかけと思えるものは、7月半ばにめちゃくちゃ気力と体力を消耗することがあり、いつの間にか気づかずにひどい風邪を引いたことでしょう。
 
それから、異常に暑い夏だったにもかかわらず、しばらく体温調節がうまくいかないまま、体感的には寒く感じていたため、エアコンもあまりかけずに過ごしていたら、8月上旬に熱中症の症状が出始めてしまいました。
 
40℃の熱が2~3日続いたのでカミさんに病院に強制連行されてしまいました(笑)。
 
そのとき、血液検査の結果を見た医師が、生命の危険があると緊急入院を勧告するほど、肝機能の低下と内臓の炎症反応が起こっていました。
 
この時点で、私は10日ほど後に迫っていたワークショップ開催のことを考えました。ずっと前から楽しみにしておられた方も多く、中止にするわけにいかないので、「ワークショップ3日前には最低でもちゃんと準備を含めたワークショップができるだけの体力を回復させる」と決めました。そして、自分でも何をやっているかわけがわからないけど、とにかく量子的な自己ヒーリングをおこなってみました。(このときに直観の赴くままおこなったものが、FRPセッションの原型のひとつでした)
 
人生初のCTスキャンとか撮ってもらったり、触診の際に何故か8人もの研修医に囲まれて、おまけにその中の若い美人の女性の研修医がベテラン医師のサポートに付いたことによって「大事なところ」を至近からバッチリ見られてしまったりして恥ずかしい想いをしたりはありましたが(笑)、点滴2リットルと何本かの注射だけで、劇的に症状がおさまり、緊急入院でしばらく動けないはずのところが、医師が不思議そうな顔をしながらも、結果的にはその日のうちに帰宅できるようになりました。
 
そしてワークショップの数日前には、ほぼ体力も回復し、あとはワークショップ会場自体が湯治場なので、どんどん楽になっていくだろうと思っていましたが、その通りになりました。
 
(※ワークショップ参加された方には最終日にこの話をしましたが、みなさん驚かれていました)
 
この一連の体験から、やはり身体が丈夫でないと、気力までなくなってしまい何もできなくなってしまうなあと痛感しました。
 
でも、喉元過ぎれば何とやら(笑)。
 
その後また、今まで通りの生活に戻ったものの、10月の東京出張から帰ってきたあとに、また身体に異変が起こったのです。
 
今度は、左手首の中学時代の手術跡が痛みだして、腫れ上がるという事態になりました。それと同時になんとも言えない身体のダルさがありました。
 
手術から実に32年経って初めての経験でした。
 
念のために検査して分かったことは、熱中症の時の肝機能の低下が完治しておらず、またぶり返したことが原因でした。

ここまでくるとさすがに本当に、自分の身体に対してのケアが必要だと非常に痛感し、まずは自分のために新しい何かをやろうと決めました。
 
いろいろ考察を始めてしばらくして、風呂に入っていたとき、新たなインスピレーションが降りてきました!
 
それはつまり、人間が無自覚に持ってしまう「余計な自由意志」を、宇宙から見て適用外にしてしまう方法でした。
 
それでいて、「宇宙が自由意志を最優先で尊重する」という法則を破らない方法なのです!
 
8月初旬の緊急入院を免れたときに自分自身におこなった原型セッションと、この概念を組み合わせることで、ものすごいことが起こりそうだ!とピンときてあっという間に新手法ができあがりました。
 
で、今回は何よりも弱っている状態の自分を実験台にするのが適切と思い、真っ先にこのセッションのやり方をカミさんに伝えて、「よく分からーん」などと言われながらもやってもらいました(笑)。
 
自分の身体の状態を少しでも早く何とかしたかったですし、何度自分で自分におこなおうと試してみても、R&Bイニシャライゼーションをセルフでやろうとしたときと同じく、この新手法も開始早々眠ってしまうので、セッション完了できなかったからです。
 
そして本当に実感があったら、いろんな人に検証していこうと、いつもとは違う順番で検証作業に入ってみようと思ったのです。
 
とはいえ、どういったことをやるのかを知っていて、どういった効果が出るのか予想ができる状態でしたから、あえて期待して受けましたが(笑)、本当に自由意志を超えて働くのであれば、必ずそういう期待や願望なども超えて(人間レベルの思考を超えて)、宇宙が最適な変容をおこなうはずだという想定通り、効果を実感しました。
 
初回の感覚は、身体の芯、特に後頭部の奥の脊椎から、徐々に何かが暖かいものが溢れるような感覚とともに、身体全体にじわじわと広がっていく感覚がありました。少し身体が膨張するような感覚とも表現できるようなものでした。
 
ずっと左手首の痛みがあり、体力と気力が落ちていたのですが、セッション中から何かやる気のようなものが充填されていくような感じが出てきました。
 
セッション翌日に、片道3時間近く運転することになったのですが(高速道路と山道)、特に体調を崩した2013年8月以降は、片道たった120kmの道のりを何度も休憩を入れないと持たないくらいに体力が落ちていたのですが、この日(2013年11月)は全くノンストップで追い越しまくって帰ってこられるほど元気だったので、その即効性と効果には我ながら驚きました。
 
その後、10日間継続しておこなってもらいましたが、日を追うごとに体力・気力の回復が実感できるので、ある程度の回数を続けても効果が上がるという感覚がありました。
 
自ら実験台になって実感できたことで、本当に自信を持ってお勧めできます。
 

法則を完全に順守しながら破れる?、いや、法則を完全に破りながら順守できる?

 
宇宙が各意識体の自由意志を最優先で尊重するということは、以前メルマガにも書きましたし、それ以前に書いたものやワークショップやセミナーのたびにずっとみなさんに伝えてきましたが、その法則がある限り、セッションを受けた方のどこかの意識領域が変わらない・変わりたくないという自由意志を持ってしまうと、セッションの効果が減退したり、逆戻りしたりしてしまうということの明確な説明ができていました。
 
みなさん「本質的な自由意志」ももちろん持っているのですが、あまりにも雑音のように圧倒的に存在する「表層(顕在)意識の余計な自由意志」に埋もれてしまうので、結果的に「余計な自由意志」の方ばかり現実化する=思ったような結果が得られないということになるわけです。
 
この現象は、Fear-base(恐れベース)/Non-fear-base(非・恐れベース)を問わず、この世に存在するすべてのヒーリング法、ボディワークセッション、医療・準医療行為に共通して必ず起こるもので、例外は一切ありませんでした。
 
「余計な自由意志」というのが具体的にどういったものかというと、クライアントさん側や施術者側が「セッションがうまくいくように」と祈ったり(=宇宙を全く信用していない)、「全く何もしなくても絶対にこうなるんだ」と自分に言い聞かすように何度も繰り返し念じたり(=現実化というよりも逃避の傾向が強い)、「まずAの状態になった後で、絶対にBになって、そのあとCを必ず達成する」など現実化の結果だけでなくプロセスまで決めつけてしまったり(=宇宙と切り離された状態の自分がすべてをコントロールしようとする)、「うまくいくように言いながら、うまくいかない」ことでホッと安心したり(=うまくいかないことに焦点が合っている)などといったもので、宇宙はこういうものまで尊重してくれるもんだから、宇宙は宇宙自体の力を行使してくれないでいつまでも「待って」いてくれるわけです。
 
ちなみに余談ですが、宇宙自身は、宇宙に含まれる全意識体の進化と成長を望んでいますが、人間とはあまりにも時間の感覚が全く違いますから、人間の一生なんて一瞬としか捉えていないわけです。人間が何度も生まれ変わって、それでもほとんど成長しなくても、宇宙からすればそれでも一瞬しか待っていないわけで、私たちが気の済むまで宇宙に反抗して自力で何かをやることを許してくれているのです。よく言えば「自由意志の尊重」、悪く言えば「反抗期が終わってほとぼりが覚めるのを待っている」わけですね(笑)。
 
仮に80万年以上、500回以上輪廻転生してもまだ、ほとんど同じ課題に取り組む人生を繰り返している人がいたとしても、宇宙から見れば大したことではないことですし、最終的にはどんな意識でも成長することを知った上で、私たちが自前で全てやりたいという意志を持つことを許してくれているのです。
 
さて、前述したとおり、その自由意志の法則を破らずに自由意志を超える方法を突然インスピレーションとして得たのですが、そのあまりに突飛なアイデアに非常に驚いてしまいました。
 
発想としては実に「非常識」いや「超常識」なのですが、めちゃくちゃシンプルなことから、実体化することは容易いと感じ、いつものように何度も検証をして、非常に成果が出たので、さっそく提供を開始することにしました。
 
「余計な自由意志」が適用外になるということは、クライアントさんがどんなにめちゃくちゃな期待をしても(笑)、祈りを捧げようが、変化を感じようと監視していようが、セッションの効果にはまったく影響がないということなのです! 
 
これを適用することで、クライアントさんのコンディションや意識状態に関係なく、最大限の効果を発揮することが可能になります。
 
他にはまったく聞いたことないので、Fear-base/Non-fear-baseの枠をも超えた世界初の手法かもしれません。
 
法則を完全に順守しながら破れるのか?
いや、法則を完全に破りながら順守できるのか?
 
そのどちらでもあって、そのどちらでもないという法則があったのです。
しかも、それ自体が自由意志であるという不思議。

FRPの意味と目的

そうやって生まれた新手法の名前は「FRPセッション」といいます。
 
FRPというと、工業系の方は間違いなく、繊維強化プラスティック(Fiber Reinforced Plastic)を思い浮かべると思いますが(笑)、このセッションでの「FRP」はFree-will Reconstruction Procedure(自由意志再構成手続き)という意味となっています。
 
2014年6月をもちまして、FRPセッションはメジャーアップグレードし、Ver.2.0(バージョン2.0)となりました!
 
Ver.1.0(バージョン1.0)の時とは違い、身体の改善が中心ではなく、潜在意識層の改善効果が高まりました。
 
※潜在意識に対するR&Bイニシャライゼーション・ユニフィケーションとの効果の違いは、R&Bイニシャライゼーションが無自覚に潜在意識に受け入れてしまった信念・思い込みの初期化(リセット)を、R&Bユニフィケーションが望む状態を既に達成している並行世界(パラレルワールド)でのあなたの潜在意識の情報をこの世界のあなたに統合するというものですが、FRPセッションでは、初期化や統合ではなく、別の並行世界に瞬間移動する形で潜在意識に作用するという、全く別のアプローチを取っています。
 
※バージョンアップを期に価格改定し、R&Bイニシャライゼーション・ユニフィケーションと同じ価格にいたします。

FRPセッション(Ver.2.0)の目的:

 
Ver.1.0と共通の内容
家庭環境・社会環境・生活環境などの影響や身体的・精神的ショックなどで、自信を失ったり、本来の自分の力が発揮できないと実感されている方。気力・体力の回復。
 
Ver.2.0で追加された内容
人並みはずれて望まない状態へ戻ろうとしてしまう意識が強い方に、現在の状態から本来あるべき状態に初期化(遡る)という方法ではなく、現在の状態と接点を持っていない(=遡りようがない)並行宇宙のあなたの状態に移行し、潜在意識が望まない状態にたどることができないようにする。
初期化(イニシャライゼーション)や統合(ユニフィケーション)でクリアになったあとの、さらなる革新とジャンプアップを目指す起爆剤として機能させる。

期待される効果:

気力・体力・やる気の回復と増大。集中力の大幅な回復。身体的・精神的なストレスや疲労感の消失。ネガティブ意識からポジティブ意識への自然な転換。
 
 
※原理上、対面でも遠隔でも全く効果が同じですが、通常は遠隔で提供いたします。
※続けて何回かセッションを受けたいという方は、セット割引制度がありますので、ご相談ください。

セッションの心得

島岬のセッションでは、宇宙の知性にすべてをゆだねてみることがいちばん重要ですので、結果をコントロールしたいという欲や過剰な期待を持たないで、「どうしたら、もっと楽しく生きられるかな~♪」というノリで「過去でも未来でもない、今この瞬間に感じたいこと」にむかって、軽い気持ちで受けてみてください。
 
そう伝えると、不思議と「感じたいこと、望むことを考え続けよう」としてしまう方が意外と多くいらっしゃるのですが、それはもはや軽い気持ちなんてものじゃなく、とても重いものです。
 
考え続けるのではなく、なんとなく気づいているか、もしくはまったく忘れているくらいの方が、よほどセッションの効果が発揮されやすくなるんです。
 
後にも書きますけど、考え続ける・祈り続ける・願い続けるというのは、宇宙に対してちっとも信頼をしていないという気持ちのうらがえしの表現・行動だからです。
 
また、今のあなた(もしくはセッションを受けてほしい人)の今の状態やそうなったいきさつについて、(ついつい言いたくなるかもしれないけど)わざわざお知らせいただく必要はないんです。
 
他の手法みたいな、今の状態・病状・いきさつだけでなく、生年月日、住所、入院先、出身地、性別、写真、髪の毛・筆跡・画数などの情報やモノもまったく要らないんです。
 
なぜかというと、セッションは島岬が人間レベルで診断したり考えたりしておこなうものではなくて、すべてのことをふくんでいて、すべてを知ってる宇宙がおこなうもので、島岬はただその間にはいるアシスタントみたいなものだからです。
 
先生(宇宙)がみんなわかっているんだから、アシスタントに一生懸命説明してもしなくても効果にはほとんど変わりはありませんよね(笑)。
 
かえって、一生懸命わかってもらおうと説明することで、あなたは問題にばかり意識が向いてしまう分、もっと問題がひどくなるように現実化しようとするので、なにもお伝えいただかないほうが、実は効果が出やすくなるという統計結果があるくらいです。
 
かといって、すでに最初のお問い合わせのときに、うっかりいろいろ説明してしまったと後悔したり反省したりする必要もないですから、まったく気にしないで忘れてくださいね。
 

セッションの留意点

島岬のセッションでいちばん効果を発揮するのが、受ける時間も決めないでおまかせにしちゃうというものなんですが、無料のイベント的なヒーリングセッションでもないかぎり、日時おまかせという感じのセッションって、提供されているケースがほとんどないので、ええ?って感じですよね?(笑)
 
セッションされてるタイミングがぜんぜん分からないのに、なにを感じられるのだろうかと首をひねる方もすくなくないだろうと思います。
 
たしかに、それはもっともな意見だと思います。
 
でも、島岬のセッションは量子的な手法だからこそ、時間や空間を超えて作用することがあたりまえのように起こっていて、受ける日時をはっきり決めておいたとしても、その時間中だけ何かを感じることができるわけではなく、その前後にも連続的に効果が起こることが、長年やってきた中でのクライアントのみなさんからの体験談ではっきりと分かってきました。
 
もちろん個人差はありますから、セッションを受けたけれどもなにも感じないということもよく聞きます。
 
ただ、効果がなかったと思いこんでしまう前に、「セッションというのはあらかじめ決められた30分間程度の時間だけではない」ということをぜひ思い出してほしいのです。
 
非量子的な手法(一般的なボディワークやほとんどのスピリチュアル系セッションなど)だと、セッションをしてもらっているあいだ何も感じない(効かない)ならば、その後になって急に感じたりすることはほとんどなく、そのセッションは効果がなかったといっても間違いはないでしょう。
 
たとえば、マッサージで揉んでもらったけどぜんぜん気持ちよくないし効かなかったのに、あとから筋肉が勝手に動いて急にほぐれて痛みが取れるようなことは起こらないし、オーラを浄化する等のセッションで不要なものを除去してもらったのに、うちに帰った後でヒーラーがいないのに急に勝手に浄化が始まるようなことも起こりませんよね?(笑)
 
(※量子的だと自称しているけど実際は非量子的手法とか、量子的手法を学んだけどが非量子的にしか解釈できなかった人のおこなうセッションもあったりするからややこしい:笑)
 
だけど、ホントの意味で量子的なセッションなら、自由自在に時間も空間も超えて作用できるはずだから、予約時間というとても限られた時間にだけ作用させることのほうが大変なんです。
だから、セッションを申し込もうと決めた時、セッションを申し込むメールを出した時、セッションを受けるまでの期間、セッション中、セッション後の時間、それぞれ全てに相応した作用が連続的に、しかも自然に起こってきます。
 
それにどんなふうに起こるかは予測不能で、誰一人として同じパターンで起こることもないし、同じ人が同じセッションをもう一回受けても同じパターンにはならないのが普通になってくるんです。
セッションしている島岬自身にもどういうふうに起こるのかは予測不能なんです。
また効果にはいくつも山があるんですけど、最大のピークがどのタイミングで起こるかも予測不能です。
 
予測不能だけども確実にわかることは、改善する方向に作用するということだけ。
 
ですから、みなさんに受け取ってほしいのは、「セッション中に天使がいっぱいやってきてしあわせで気持ちよかった」というようなふわふわのファンタジックな感想だけではなくて、セッション前後でどんなことが変わったか、なにがどんなふうに変わったように感じたか、そしてなによりも、セッションの効果だと直接確認もできないし確信もできないとしても、セッション前後と同じくらいのタイミングでどのような現象が起き、体験したかということです。
 
あと、セッション後にいろんな変化を経験しているのに、期待してた通りのことが体験できないからといって、「何も感じない」「何も起こらない」という表現で文句を言ったり、期待通りのことが起こるように念じたりするのはやめてほしいです(笑)。
それって、まるで宇宙への脅迫です(笑)。
小さな変化をちゃんと受け取れて初めて、大きな変化が受け取れるようになっていくんですから。
 
ご家族やご友人へのセッションを申し込まれた場合には、あなたから見た変化や印象でぜんぜん構わないので、素直に感じてみてほしいなあと思います。

 
島岬汐入及(しまさきみつぐ)