【和歌山特別会場】リアリティ&ブレイン・リ=クリエーション・ワークショップ

全てのセミナーを一括しておこなう5日間ワークショップ

 
【どんなワークショップ?】
島岬の3つのセミナー(計6日間)をひとつにまとめて、5日間の合宿(リトリート)形式でおこなうワークショップです。各セミナーのごとの開催期間が開いた時のおさらいをしなくて済むため、5日間(計40時間)で開催します。
和歌山県某所の特別な場所でおこない、内容と場のエネルギーの相乗効果を狙います。お越しになれば、「ここしかない」という意味がわかるでしょう。
 
【お勧めポイント】
 
NFB 1Dayセミナー、量子ヒーリングスタイリスト養成セミナー、量子リーディングカタリスト養成セミナーをすべて一度で受けられるだけではなく、個人的には量子的手法を学ぶのに、地球上で最も適した場所と思っている会場でおこなうことから、あなたの潜在能力は最大限に発揮されることでしょう。

開催予定については、このウェブサイト上およびメルマガで告知いたしますので、締め切り期日までにお申し込みください。

【条件について】
日本語が理解できる10歳以上の方。(それ未満のお子さまは、他の受講者の妨げにならないように同伴いただける場合があるのでご相談ください)

【ワークショップの進め方】
会場には天然温泉が湧いていますので、お風呂休憩などをはさみ、心身ともにゆるゆるになって、思考ではなく感覚で受け取れるようにあえて意図しています。

【ワークショップの受け方】
対面のみ、現地集合。

【ワークショップ定員】
最小催行人数6名、最大定員20名
※ワークショップについてはお申し込みの全員ご参加いただけますが、近年とても人気の会場のため、併設の宿泊施設の部屋数に限りがあり、宿泊予約が取れないこともあります。その場合、どうしても近隣の別のホテル等に宿泊していただくこともあり得ますが、なにとぞご了承ください。

【ワークショップの所要時間】
平均8時間(昼食・休憩時間含む)x5日間
(実際は初日と最終日は短くなります)


【ワークショップ代金】
※すべて税込です。
18歳以上 新規受講350,000円 再受講210,000円
中高生割引 新規受講178,000円 再受講107,000円
小学生以下無料(ただし、中学生以下の参加は保護者の同伴参加が必須です)
※会場併設の施設の宿泊費(朝食代・入泉料込み1泊6,480円x泊数)もしくは別の施設の宿泊費、及び昼食・夕食代は別途ご負担ください。

お支払いについては、銀行振込以外にクレジット・デビットカード決済(クレジットカードによっては分割払いも可能)もお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。


お申し込み・お問い合わせ・お支払のご相談はこちらまで。
申し込みフォームが開かない時はこちらから

 
 
 

Reality & Brain Re-creation Workshop

 

リアリティ&ブレイン・リ=クリエーション・ワークショップ

~ それはシンプルで画期的な手法を用いた、自分の無限の可能性を本気で実感・体感できる5日間(計40時間)のセミナーです ~
 
日本語にすると「現実と脳の再創造セミナー」です。
 
Re-creationというのはダブルミーニングになってまして、Re-creation(=再創造)とRecreation(=レクリエーション・娯楽)の両方の意味が込められています。
 
島岬が30年近くかかって構築した、パラレルワールド理論や量子論をベースにしたシンプルで画期的な現実変容と右脳を活性化させる潜在能力開発とを、相乗効果で一気に習得していただける5日間(計40時間)の集大成的ワークショップです。
自分自身の潜在意識に楽にアクセスして何の苦痛もなくしっかり書き換える術や、遠隔でも対面でも遜色なく効果的に問題解決できる新しい方法を使って、ご自身やご家族や友人たちの問題を日常的にバッサバッサ解決していただいたり、周りの人や相談してこられた人たちにも実用的なカウンセリングやコンサルティングが提供できる開業者レベルの技術をもすべてお伝えするものです。
 
何よりも、自分の未来や能力の可能性が何十倍も見えてくるようになります。
 
そう、あなたこそ人生のシナリオライターという視点を取り戻せるのです。
 
このワークショップによって、どんなつらく嫌な現実でもレクリエーションと見なして楽しめるような意識状態の脳に創り変えることで、即座に現実そのものを自分に必要で心地良いものにして、すっかり様変わりしてしまった現実を実際に体験できる(生きられる)ようになります。しかも、自分であえて「設定」をめちゃくちゃに変え続ける努力をしなければ(笑)、効果は永続的です。
 
*****
 
私はこのノウハウを身につけたことによって、どんなに困難で解決策が全く無いと思えるような追い詰められた状況でも、根本的な解決策がインスピレーションで受け取れるようになったということが一番大きな体験です。
 
なぜなら、私自身の人生の中で、ずっと自分や環境を変えられないで苦しんでいた実体験やその中で得た知識、湧いてきた洞察などを通して、ノウハウを蓄積してきました。
 
アイデアどおりにうまくいくものもいかないものもいろいろありました。それらを整理して、なおかつどんな人にも理解できる普遍性を持たせるように改善を繰り返して、2009年にようやく公開できる段階に達しました。
 
今までの受講生をみてみると、10代~70代と年齢層も違い、性別や職業や家庭環境もそれぞれ違い、事業家も公務員の方も主婦の方も無職の方も、目に見えない精神世界に深くなじみがある人も、物質主義で目に見えるものしか信じない人も来られましたが、みなさん確実に成果を得て、実生活に活かしておられます。業績が改善し、収入が増え、仕事に愛着が湧き、生活に余裕が生まれ、原因不明の症状は改善し、夫婦仲や家族の問題も解決するなどの目に見える変化の報告をたくさんいただいています。
 
その報告を聴くごとに感謝でいっぱいになります。
 
この5日間ワークショップ提供開始後の私自身の生活も一変していて本当に変化に終わりがなく、望めばいくらでも変われることを実感しています。
 
ですので、これからもますますみなさんのお役に立ちたいと思っています。

ワークショップの概要と基本理論

《きっかけとなる体験から約30年、具体的に構想を始めて約20年を経て、2009年から提供開始しています。》
 
このワークショップはみなさんがイメージするような一般的な「スピリチュアル系」のセミナー・ワークショップ・リトリートとはかなり違うと思います。世間的にそう解釈されるようなことなどもあつかうように見えますが、どんなに神秘とされてきたものでも明らかにしていきます。
 
なぜなら、ここでやろうとしているのは、新しい発想に基づいて、使われていない90%以上の脳細胞をできるかぎり自然に活性化させて、いままで感知できなかったもの、理解できなかったこと、体験できなかったことを受け取ろうということだからです。
 
ですから、このワークショップは新しい総合能力開発法と捉えていただくほうがいいと思います。
 
主な対象者は「潜在能力を開発・活性化したい」「自分の力で自分を変える方法を知りたい・教えたい」「旧来の『精神世界系』『スピリチュアル系』の枠から脱却したい」「とにかく自分自身の人生を楽しみたい」というみなさんです。
 

 

ヒーリング提供者になりたい方へ

日常的にヒーリングやカウンセリングなどをおこなう人であろうがなかろうが、まずはあなた自身がある種のコンサルティング能力を身に付けていただくことがとても大事です。これは他人に対してのコンサルティング能力はもちろん、自分自身(自分の無意識の領域)を自分でコンサルティングして、問題をバンバン解決できるようになる能力のことです。その能力はワークショップの中で自然に身に付くようにカリキュラムを組んでいますが、今までの心理学のような左脳型の知識や捉え方だけでは、もはや自分自身やクライアントさんたちが抱える現代社会ならではのいろんな問題の本質は見えにくいですから、超感覚(と言われるが本当はみんな持っている感覚)の使いかたも学ぶわけです。
 
相当珍しいタイプのスピリチュアル・カウンセラー養成講座と言えるかもしれませんね。
 
とはいえ、世間の「スピリチュアル」とは完全に一線を画すものですけれど。
 

 

Non-fear-baseの気付き

スピリチュアルと言われるものごとについて、みなさんにぜひ考えていただきたいことがあります。
 
実は、今まで「スピリチュアル」とされてきたものはすべて、無自覚で無意識に信じられてきたある共通の考え方をベースとしてなりたっていることをご存知でしょうか?
 
「悪いものを無くさない限り良くならない」
 
このめちゃくちゃシンプルなフレーズこそが、シンプルであるがゆえに、ほとんど全人類が盲目的に信じてしまい、「真実」「真理」「核心」なるものを誤解させている正体です。
でも、本当にそうなのでしょうか?
 
この言葉は、あまりにシンプルなので一度信じて(信じ込まされて)しまうと、この世の森羅万象ありとあらゆるものが、この法則以外で動いているものなど存在しないと思えてしまうほど強力です。
 
物理学で言えば、ニュートン物理学並にいろんな現象を「実用的に」説明できてしまうほど「万能」なのです。ですが、21世紀の今ではホントはもうとっくに古典なのです。
 
「悪いものを無くさない限り良くならない」という考え方は全くの幻想であり、時代遅れなのです。

 
 

執着を簡単に手放すコツがあります

 
 
さらに、人間の心理は、ものごとに執着すること・注意を持っていかれることはとてもたやすいのですが、ものごとや注意を手ばなすのはすごく難しいというやっかいなクセがあります。
 
だから、いつまでたっても「『正しいもの』の追究こそが美徳である」と信じて、民族/宗教紛争やイデオロギー戦争や「階級闘争」「世代間の不理解」が終わらず、自分が間違っていないと信じたいから「善意」「良心」を持ち出すことになって、なにがなんだかわからなくなるのです。
 
一番肝心なのは、世間の評価とか体裁ではなく、「あなた自身が本当に感じていることは何か?」です。
 
盛りだくさんの内容からするとおまけレベルですが、いらない執着をいとも簡単に手ばなすことができる方法も学べます。
 
このことだけでも、その後の生活が一変することでしょう。
 

 

パラレルワールドで紐解く、怖れと畏れの違い

さてさて、一般に「オーラ」「体外離脱」「透視(遠隔透視)」「ガイド」「リーディング」「チャネリング」などと解釈されているものがいろいろありますが、そんなようなものを「特殊能力」とか「うさんくさい」とか「神の御業」とか「非科学的」とか、それぞれみなさんやたらにありがたかったり煙たがったりされますが、つまりは超常的で特別なものだと認識されているようです。
 
ですが、量子力学や超ひも理論を弾力的に使ってみると、けっこう単純なパラレル宇宙論なんかで説明できてしまう「科学的なもの」で、実はとてもみんな日常的に経験するものだったりします。
 
みなさん0か1か極端な例ばかり考えるから、特別なものだと思っていますが、実は0.3とか0.57くらいのことはみなさんが日常的にやっていることなんです。例えば「今日の晩ご飯はカレーか肉じゃがかどっちにしようかな?」って思うことは自分の頭の中で考えていることとも表現できますが、実はパラレルワールドと密接に関係があるのです。長くなるのでここでは詳しくは書きませんが、そのパラレルワールドの意味が少しでも分かると、世の中の超常現象のほとんどが普通の現象だと分かってきますので、無駄に怖れなくなります。
 
そういう怖れ・恐怖心がなくなると残ってくるのが畏れ(おそれ)です。
 
いつのころからか現代人(日本では少なくとも戦後)はその区別ができなくなってしまって理解がむずかしいようですが、怖れと畏れは読みの音こそ同じですが、意味がまったく違います。
 
怖れはただ怖れおののき、恐がり、不安感を持ち緊張することですが、
畏れというのは、大自然や宇宙の偉大さを目のあたりにして、怖れ・恐れをはるかに超えた圧倒的な力の前にもはや何も抵抗できず、ただ不思議さに敬意を払いつつ、もはや全てを委ねて安心(リラックス)している状態のことです。
 
仮に「幽霊みたいなもの」「超常現象」に遭遇したときに、怖れていればただのパニックにしかなりませんが、畏れていれば冷静な対話・判断が可能になります。(実際このワークショップ中で、世間で言われる幽霊や悪霊の99%以上のものは人間の生み出した集合的な共同創造信念であると深く理解できてしまうので、対話をするまでもなく無影響にできます)
 
怖れは要りませんが、畏れの気持ちは人が宇宙・自然に則って生きる上で必要不可欠だと感じています。
 
「自分が生きている・生かされている神秘に敬意をはらい委ね感謝して、本当にしたいことをすること」
 
このことは人間が幸せになるには最低限の条件で、かつ、人間の能力を最大限に発揮できる状態です。
 
怖れを超えた畏れという自然なリラックス状態をみなさんに思い出していただけるきっかけになればと思います。

 

本当は誰もが通常意識のままで開発できる「特殊能力」

上に書いたとおり、ここでは「悪いものを無くさない限り良くならない」というFear-base(恐れベース)の信念にはまったくとらわれる必要はないので、たとえば「チャネリング」と解釈されるレベルのことをおこなうときにも、「波動レベルを上げてトランス状態にならなければ繋がれない」という考え方(思い込み)とか、「悪いものから身を守らなければ危ない」為に必要とされる浄化やプロテクトの手続きとか、「低級な存在」ではなく特定の「高次の存在」を呼び出せるように食事を制限するなんてことはまったく要りません。
 
今のあなたの状態のままで「なあんだそういうことか」とただスッと分かるようになってできるようになるのです。ほとんど全員の参加者が拍子抜けするくらいあっさりできてしまいます。「できない」という参加者は単純過ぎることに非常に戸惑っているか、過去に相当苦労して従来の手法のチャネリングなどを習得されたために、今までのことが全部無駄になってしまうのが嫌で抵抗しているかのどちらかです。しかし、単純さを受け容れられた瞬間にみんなできるようになります。
 
ただ、概念やコツを「知る」だけでいいのです。
 
一度「知って」しまえば、もう忘れることもなく、いつでもどこでも使えます。
 
「スピリチュアル」なものに憧れを持っている方にはちょっと夢を壊すようで申し訳ないのですが、ファンタジーに浸りすぎるとかえって色が付きすぎて余計に見えないものばかりができてしまいますので、私はよりみなさんに習得しやすい現実的で冷静なアプローチを取っています。もちろん神懸かりの宗教とか自己啓発系セミナーでもありません(反対にそれらの矛盾を全部バラしてしまいます)。みなさんが一般的に「スピリチュアル」的と受け止めている固定観念(先入観)や恐怖心を手ばなさないかぎり、能力の限界の一線をいつまでも超えることはできないということははっきりしています。
 
そうしてあっさりと身に付いた「特殊」能力はごくごく普通のことで、人生においてのちょっとしたおまけとかスパイスのようなものであることが身をもって実感できると思います。
 
ただ、スパイスはほんのちょっとでいいわけですが、つい欲をかいて特殊能力を「メインディッシュ」にして生きようとすると、相当スパイシーな人生が待っていますから注意しましょうね(笑)。
 
新しいですが「インスピレーション」をみがくコツと練習(というよりもゲーム感覚で楽しい!)を通して、「自分自身の本質」にアクセスすることができるようになります。
 
このワークショップではこの世の中のあらゆるものごとの矛盾点を明らかにしたうえで、軽く乗り越えてシンプルにしていきます。

 

このワークショップは、こういう方にお勧めします。

・スピリチュアル系、自己啓発系のセミナーに参加したけど、持続性がなく、結局実生活に直接役に立てることができていないと感じている。
 
・子供の時や大人になってから、親や他人から植え付けられて信じ込んでしまった無意識的な考え方が根強く、相当時間が経過している今も、それらの観念に引きずられてどうしてもネガティブな考えに戻ってしまう。
 
・他人に変化のきっかけをお願いして作ってもらうのではなく、自分できっかけを作れるようになりたい。
 
・自分のことを知ろうとすればするほど、自分の中にある「心の闇」や「悪意」ばかりが気になってしまい、結局どうやってもポジティブには生きられないことに、嫌気がさしている。
 
・裏と表、本音と建前、善と悪、光と闇、プラスとマイナス、愛と憎しみ、といったような二元論に支配された世界に生きるのがしんどい。というよりも二元論で考えるのに疲れている。
 
・自分のやるべきことがわからない。自分の居場所がわからない。
 
・自分の生まれてきた意味・使命を知りたいあまりに、「本当の天職」や「真の友人」を探し続けてしまい、結局いつまでも社会生活にちゃんと適応できない。
 
・ただなんとなく生きてるけど、退屈な毎日を過ごしている。
 
・身体の不調や家庭内のトラブルなどの根本的な原因を知りたい。
 
・暗い未来の想像にばかり圧倒されて、明るい未来はものすごく天文学的に低い確率でしか起こり得ない奇跡だと思えてならない。
 
・過去の記憶の再現にのみ生きてしまう。どんなに環境を変えても、なぜだか以前と同じような状況が繰り返し起こってしまう。
 
・今までも進化してきたことを実感しているし、それは今も続いているけれど、よりはっきりとレベルアップしたい。
 
以上のようなことをひとつでも感じている方は、是非お越しください。みなさまの明るく楽しい未来へのお手伝いをさせていただきたいと思います。